トリキュラー以外の避妊薬

マーベロンジェネリックの画像

今では避妊薬は、日本国内でも多く扱われています。
今ある避妊薬は、21日タイプの物と28日タイプの低用量の物が売られています。
この避妊薬を処方してもらうためには、婦人科等で処方してもらう必要があります。
しかしこれらの薬は避妊以外の目的以外にも、子宮筋腫や子宮内膜症といった症状にも用いられることがあります。
一般的に知られている避妊薬としてはトリキュラーです。
このトリキュラー以外の避妊薬としては、マーベロン、オーソ、アンジュといった種類の避妊薬があります。
これらは、毎日同じ時間に飲む必要があります。
それぞれ薬によって特徴が違うため、自分の飲みやすく副作用が出にくい物を内服する事が望ましいです。
多くの避妊薬の場合、吐き気や頭痛、血栓症といった副作用が現れやすいと言われています。
そのため副作用に困ったら、処方してもらった病院で副作用を抑える薬を処方してもらうのがいいです。
これらの避妊薬以外にも、緊急避妊薬といった物もあります。
これは、性行為72時間以内に飲む事で避妊する効果があるといった薬です。
これは緊急措置として用いられる事が多く、避妊率も高い事が特徴です。
このように、自分に合った避妊薬を飲む事が大切です。