婦人科で処方される漢方薬について

漢方薬の画像

漢方薬とは、体の自然治癒力を高めて正常な状態にするという効果のある薬です。
東洋医学で用いられている薬で、西洋医学のように不調の原因となっている部分を切除したり抑えたりするのではなく、自身のパワーを高めることで不調を来たさない丈夫な体にすることを目的としています。
漢方薬は、特に婦人科系の疾患や体調不良に有効です。
そのため多くの婦人科で、漢方薬による治療がおこなわれています。
婦人科で処方される漢方薬には、たとえば当帰芍薬散や加味逍遥散などがあります。
当帰芍薬散は、血行を良くする効果のある漢方薬です。
体内に滞っていた老廃物が排出されやすくなったり、栄養分が全身に満遍なく行き渡るようになったりするので、女性特有の冷え性やそれによる月経困難症や不妊の改善に効果的です。
また貧血や子宮内膜症の予防や改善にも有効です。
加味逍遥散は、ホルモンバランスを整える効果のある漢方薬です。
妊娠中や出産後、月経の前後、更年期などに起こりやすいホルモンバランスの乱れを改善する効果があります。
ホルモンバランスが正常になることで、苛立ちや肩こりや頭痛などから解放されます。
漢方薬は主に植物から作られますから、副作用など体に負担を与えることはほとんどありません。
妊娠中でも授乳中でも安心して用いることができ、そのため婦人科でも処方されているのです。