生理痛緩和などでピルを飲むなら、煙草は厳禁?

喫煙する女性

一般的には「ピル」と聞くと、避妊目的での使用を思い浮かべる方も多いかと思いますが、必ずしもそうとは限りません。
ピルは女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)を経口摂取することで全体のホルモンバランスを整えるため、生理痛の緩和や無排卵性月経などの症状に対しても処方されることもあります。
特に生理痛は個人差が大きく、痛みの強い方は月経中ほとんど動けなくなることさえあります。
ですが、そうした症状の緩和を目的としてピルの服用を始めるにあたり、必ず知っておき、気を付けたいことがあります。
それは煙草です。
服用中に煙草を吸っていると、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な副作用の危険性を高めるという報告があります。
この危険性は年齢(35歳以上)、喫煙量(一日15本以上)により増加することが知られていますので、35歳以上でピルの使用を希望されている方は、まず煙草を止めなければなりません。
また、年齢も喫煙量もクリアしていても、血栓症という副作用の可能性は残ります。
血栓症とは、血管の中に血栓(血液のかたまり)ができて血液の流れが悪くなってしまった状態のことを呼びます。
このリスクはピルで高くなるのですが、煙草を吸う人では更にリスクが高まると言われています。
血栓の詰まってしまった場所によっては、脳梗塞や狭心症などの重篤な副作用を引き起こす可能性があります。
ですが、だからと言ってピルを飲まずに辛い生理痛を耐え続けろと言いたいのではありません。
ピルなどの使用をきっかけに、改めて喫煙自体に健康に関するリスクがあることを理解し、35歳以下であればまず煙草を減らす、35歳以上であれば煙草を止めるなどの対策を考慮する機会になるのではと思います。
生理痛に耐えて煙草を吸い続けるか、喫煙を止めてピルを飲むのか。
どちらを選択するかを決めるのは、あくまでも服用者の方ですので。

◎更年期障害の生理痛に悩んでいる方へ
プロギノバで女性ホルモンを補充し、生理痛緩和を!